小児歯科

お子さまが笑顔になれる、小児歯科診療。

乳歯の時期にきちんとケアを受けることは、歯並びがよく健康な永久歯のためにとても重要なこと。
当院では、治療や予防を受けた後、お子さまたちが笑顔になれる小児歯科診療を行っています。

小児歯科について

歯の専門的なケアは乳歯の時期からスタートすることが重要です。乳歯はやわらかくむし歯になりやすいので、こまめなチェックや早期治療が欠かせないからです。

当院では、3歳以上のお子さまの場合、ご本人としっかりコミュニケーションを取ってから治療や予防を行っています。大人であっても「なにをされるのかわからない」のはとても不安なもの。お子さまでもそれは同じです。そこで、診察の前にリハーサルとして治療器具を実際に触ってもらって、それをどう使うのかを説明しています。たとえば口腔内の水分や汚れを取るバキュームは吸い込む音が大きいけれど、手で触れてみると吸い込まれる感じがするだけのものだと理解できます。こうしたことを通じて不安や恐怖心をなくしていき、なぜ診察が必要なのかをしっかり伝えています。
もちろん、治療に関してはできるだけ痛みのないよう充分に配慮しながら行いますし、「チクッ」とする可能性がある場合にはあらかじめ伝えて気持ちの準備をしてもらいます。おかげさまで、当院の小さな患者さまたちは歯医者嫌いになることなく、「歯をきれいにしてもらうところ」と思っていただけています。

歯医者が苦手というお子さまは、無理やり治療を受けた経験がある場合がほとんどです。そうしたお子さまの場合にも、時間をかけてじっくりお話していくことで、お気持ちをほぐして前向きな思いを持たれてから治療を行っています。初回は練習だけというご相談も可能ですので、お気軽にご相談ください。

かかりつけ歯科医としてできること

予防

乳歯や生え始めた永久歯がむし歯にならないよう、定期的なチェックとクリーニング、フッ素塗布などでサポートします。

デンタルケアの習慣付け

歯みがきの重要性や、正しいやり方をご指導することで、むし歯になりにくい習慣付けをお手伝いします。

ホームケアのアドバイス

仕上げみがきのやり方や頻度とコツ、歯のトラブルを起こしにくい食事や間食のメニューやあたえ方、歯に負担をかける習慣の見直しなどについて、保護者の方にわかりやすくアドバイスします。

永久歯の歯並び

早期のむし歯治療や定期的な予防、生活習慣の見直し、日常のケアなどによって、永久歯の歯並びはかなり異なってきます。また、矯正についても、できるだけ短い期間で効果がしっかりある時期を見極めるなどしっかりアドバイスしています。

PageTop