院長・スタッフ紹介

ご家族ぐるみでご来院いただける、かかりつけの歯科医院です。

予防を中心に、ゆっくり時間をかけて、ていねいで的確な診療を行っています。

院長を含めスタッフ全員が子育て経験のある女性ですので、お子さまの診療も安心してお任せいただけます。

よねやま歯科医院のコンセプト

1.スタッフ全員が女性です。

女性らしい感性で配慮した歯科診療を行うため、スタッフはすべて女性です。患者さまにできるだけご負担なく、繊細な診療を心がけています。

2.居心地のいい空間を作っています。

清潔感のある白を基調に、オレンジや赤、黄色といったアクセントカラーを使った温かみのある雰囲気です。また、薬剤管理や空調にこだわって、歯医者特有の匂いをなくしています。こまめな掃除を行い、衛生管理もしっかり行っていますので、ゆったりくつろいで診療を受けていただけます。

3.予防を中心にした、ていねいで的確な歯科診療を行っています。

できるだけ削らず、抜かないことが、その方にとって一番いいこと。予防や定期健診で、お身体にご負担をかけることなく健康な口腔内をお守りしています。

4.お子さまの歯科診療はお任せください。

歯医者さんが苦手なお子さまでも、お子さまの目線になって説明することで、ご本人が前向きに診療を受けられるようになります。また、スタッフ全員が子育てを経験しておりますので、ご安心してお任せいただけます。練習やリハーサルなどで慣れていただくことも可能ですから、まずはご相談ください。

5.入れ歯について

入れ歯は残された歯と歯ぐきといった口腔内だけでなく、骨や顎の厚みと高さ、口の周りの筋肉などを診断して作るもの。そしてどれだけ精密に作ったとしても出来上がってからの微調整が必要です。また、ほうれい線やお口周りのシワなど、お顔の印象も大きく左右されるため、女性的な感性が重要になってきます。当院の院長は入れ歯の専門的な研鑽を積んでいるため、その方にしっかり合った入れ歯の製作や調整を得意としています。

6.インフォームドコンセント

診察するにあたって、患者さまの声にしっかり耳を傾け、十分な説明を行って、患者さまがご納得されてから受診していただくことを重要だと考えています。「痛い」「怖い」という不安を少しでも取り除き、ご安心して診察を受けていただけるよう心がけていますので、どのようなことでもお気軽にご質問、ご相談ください。

よねやま歯科医院 院長紹介

ごあいさつ

よねやま歯科医院の院長、米山ゆき子です。
「予防」の概念がまだまだ薄く、「むし歯の洪水期」と言われた時代に育ち、しっかり流行に乗ってむし歯っ子だった私自身。幼いころから歯医者通いの常連で、治療の時の痛みと不快感をさんざん味わってきました。歯科医師になり、最新の技術やちょっとした工夫と配慮でストレスのない治療ができることを知ったときは驚きでした。

開業医として地域の皆さまのお口と全身の健康を守るために、技術だけではなく、コミュニケーションが大切と考えています。正確な診断をするために問診に重点を置き、一人ひとりの生活習慣、生活環境を知りお身体にできるだけ負担をかけない的確な治療を心がけていいます。

補綴や放射線の研究と、小児歯科への想い

大学を卒業して、もっと専門的に歯科について学びたいと、大学院に進み、補綴学講座で入れ歯について研究を行いました。入れ歯は土台となる顎の厚さや高さといった形態計測や、歯ぐきや口の周りの筋肉など口腔内の状態を把握してから型取りをし、入れ歯を作って噛み合わせを細かく調整していきます。こうしたことは一般的な歯科治療の基礎となること。それをしっかり学べたことは大きな財産になっています。

大学院を卒業と同時にイギリスのニューカッスル大学の放射線科で一年間研究員として海外研修しました。医科では麻酔やレントゲンを専門家が行いますが、歯科医師はすべて自分で行います。また、レントゲンの撮影と読影は治療をする上での診断の基礎となるため、これを専門的に学べたことは幸運だったと思っています。研究を通じてCTや医科用レントゲンに比べて、歯科用レントゲンの被曝量がとても少ないことをデータとして自分の眼でしっかり確認できたことも大きな収穫でした。

一年の海外研修を終え日本に戻った後に出産をし、産後3か月で勤務医として仕事に復帰しました。女性の歯科医師ということで、お子さまを担当することが多かったので、小児歯科の豊富な経験を積むことができました。自分が子どもの頃に歯科治療がとても苦手でしたから、お子さまの気持ちがよくわかります。付き添いのお母さまやお父さまだけでなく、お子さまご本人に対してもきちんと説明するインフォームドコンセントはとても重要なこと。治療に対して前向きな気持ちになれるよう、リハーサルなどを通じて怖いと思う気持ちをなくしてから治療を行っています。自分でも育児を経験していますので、仕上げみがきなどお母さまへのアドバイスも具体的にさしあげることができるようになりました。

よねやま歯科医院を開設して

予防に重点を置いたていねいな歯科診療を行う歯科医院をつくりたいと開業を考え始め、地域の方のかかりつけ歯科医院になりたいという思いが強くあり、住宅地であることが条件のひとつだったのですが、縁があってこの場所にめぐり会いました。歯科医院というと「怖い・暗い・冷たい」イメージがありますので、それを感じさせないようオレンジを配色し、赤や黄色をアクセントに温かみのある配色にインテリアをまとめ、歯医者特有の匂いを感じさせないよう空調管理にもこだわりました。
実際に開業してみると、やはりこの地域の方の健康に対する意識レベルはとても高く、予防を中心とした当院の歯科診療をご信頼くださる多くの地域の方にご来院いただけるようになっていきました。最初、お子さまの歯科診療でいらして、次にご両親やお祖父さまとお祖母さま、そしてご友人をご紹介くださる方が多くいらしたので、10年という歴史を重ねることができたのだと思います。むし歯や歯周病は生活習慣病であり、感染するものですから、ご家族がみなさんで予防されることは大きな意味を持っています。ご家族ぐるみでご来院いただいていることで、より地域の歯科医療に貢献できているのだと感謝しています。また、歯科診療を通じて、幼かったお子さまが大きくなっていくのを継続して見守っていけることは、同じ子どもを持つ母親として大きな楽しみです。

将来的には、本格的な超高齢社会の到来を踏まえ、在宅歯科診療や介護の必要な方の口腔ケアなども視野に入れていきたいと考えています。今後とも、患者さまのお身体の事を第一に考えた、ていねいな診療を行っていきますので、どうぞよろしくお願いいたします。

院長  米山 ゆき子

経歴

平成5年 鶴見大学歯学部 卒業
平成10年 鶴見大学歯学部大学院 卒業
平成10年~平成11年 イギリスニューカッスル大学 研究員
平成12年~平成16年 医療法人社団 翔雄会 勤務
平成16年5月 よねやま歯科医院 開設
  世田谷区立奥沢小学校 学校歯科医

趣味

ヨガ、スポーツ観戦

スタッフからみた米山院長

米山院長は、男前な秋田美人。仕事が正確で早く、辛くておいしいものが大好きで、いつも明るいムードメーカーです。さっぱりした気性ですが、女性らしい繊細さもあって、相談しやすい方です。

スタッフ紹介

診療や指示は歯科医師が行いますが歯科衛生士の歯科診療における役割はとても大きいもの。当院には、信頼できる高いスキルや対応力を持った歯科衛生士スタッフがそろっています。スタッフ全員女性で子育てを経験していますので、お子さまの診療も安心してお任せいただけます。

歯科衛生士 山口 英子

血液型 O型
趣味 子供と遊ぶ・香りの良いクリーム集め

歯科衛生士 管家 恵美

血液型 B型
好きなもの 犬と遊ぶ

受付 中臣 理絵子

血液型 A型 
好きなこと ショッピング
PageTop